スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

溜めすぎた日記の反発係数は1を超えるんだ

※ 4/3(月)~7(金)の日記。五日分も溜めるなよ、書くほうも読むほうも大変だろ?(ゴメン


4/3(月)

【のんびりとした休日】


用事がない日は、家で自堕落ライフを満喫するに限る。
外では、強風で色んな物が飛び交っているらしい。
なおさら、引きこもっていたくなるもんだ。


だからと言って、自由な時間を約束されるわけじゃない。
「昼間からPCを弄れる」という淡い期待が、思いっきり打ち砕かれてしまったのが証拠だ。


あぁ……いやさ、母がPCがあるスペースに陣取って「ダ・ヴィンチ・コード」読んでいてさ。
それでPCに近づこうとしたら「昼間からはダメっ!」と追い返されたわけだよ。

その後、「就活に対してのオレの考えの甘さ」を議題に二時間ほど問答を繰り返したり。
まあ、言い争いはいつもの事なんだが、久しぶりだったのでかなり疲れた。



仕方なく、自室隣りのゲーム部屋に引き返す。

四月から始まった深夜アニメを録画したのはいいが、見ていなかったのを思い出したからだ。
タイトルを挙げると――


Soul Link」「吉永さん家のガーゴイル」「涼宮ハルヒの憂鬱


「Soul Link」はNavelのエロゲが原作。
さすがに、アニメで凌辱シーンはカットされるんだろうな。
いや、オレはゲームの方は未プレイだけど(-_-;)
PS2版が出たら、購入しようかと考えとる。


「吉永さん(ry」と「ハルヒ(略)」はライトノベルが原作。
二つともタイトルだけは知ってたけど、読んだことはなかったり。

先月に四月から始まるアニメをチェックしたんだが、
その中で「面白そう」と自分が思った作品だ。



話を戻そうか。

録りだめしておいた話は、全て見ると90分かかる。
それに、これが最大の欠点なのだが、ゲーム部屋のテレビは正しく映る保障がなかったりする。

時折、青だか緑っぽい色調に強制変更されてしまうので、
ゲーム用のテレビの役目を果たしているのかも疑問だ。


リビングに行けば、まともなテレビはある。
しかし、母のいる前で昼間からアニメを見るのは、どうにも気が引けてしまうものなんだ。

その辺、察してくれるとありがたい。


というわけで、結局今日のところは見ないことにした。
その代わりに、深夜に放送される「うたわれるもの」の録画予約をして、オレは自室に戻った。




【はっぴぃ☆ふりーないと】

すいません、サブタイトルを適当に考えようかと思ったんですが……

どうみても電波です。本当にありがとうございました。



夜になり、ようやく自由な時間が訪れる。


最近はケータイよりもPCに依存してる気がするが、それはしょうがないと諦めた。

ケータイのメールなんざ、文字数にして少ないので大変とも思わない。
だがブログの下書きをケータイでやると、さすがに効率が悪すぎるわけで。

他にも色んなことをメモする時も、テキストエディタ(メモ帳だけど)を使ってる。

手書きメモは、大量に書き散らした後で管理するのが大変だからな。
一度書いたものを、打ち込んでみて内容を吟味してだな……


…… …… …… ……
…… …… …… ……


自分ながら、何の話をしようとしてるのかがわからん。
流れを修正するため、「何をしたか」を書いていくことにしよう。



とりあえず、"こんにゃく"のサントラ、ドラマCD二枚をMP3へエンコ。

サントラを軽く聴いてみたんだが――

オレ的に「いいぞ! いいかんじだぞ!」といった印象を受けた。(カゲツかよ)
もちろん、ストーリーは第一部(体験版)しか終わらせてないから、
全ての曲を聴いたわけじゃない。

それでも、このサントラは今まで入手したものの中でも、かなりいい出来ではないかと思った。
初回特典さまさまだな、ホント。様子見しなくて正解だったぜw


日常のBGMもいいが、前も書いたマラソン大会のBGMはかなり気に入ってる。

"走れ…ワタル!"の迷ゼリフから流れる、後半のBGM「Through The Dark」。
航を気づかう凛奈にたんかを切るシーンから流れる、前半のBGM「もつれそうなストライド」。


いや、カッコ良すぎだろ!?
ゲーム本編で流れたとき、全身が震えるような気がしたからな。(やや誇張ぎみ)


早くプレイしたいよ、"こんにゃく"を。でも、当分できない。自分でそう決めたから。
……こうなったら。四月中には攻略開始できるよう、さっさと他を片付けるしかないな!



他には、ブログのプラグインを弄ったりした。
応援バナーに、"Navel"・"Lime"を追加しただけなんだけど。

あー、"Lime"というのは"Navel"の姉妹ブランドの事だ。


リンクを張るついでに、"Lime"のサイトを見たんだが、
マスコットキャラクターの名前募集をしてた。
まだ、サイト開いて一ヶ月たってないから、そういう物なんだなと勝手に納得。


…… …… …… ……
…… …… …… ……


――そんなわけで、自他共に認める暇人であるオレはその名前を考えてみることにした。
(どういうわけだよ!)


何かの名前を代わりにつけるなんて、ずいぶん久しぶりだ。
昔、ポケ博に入り浸ってたときに、
ニックネームを考えてあげたのをよく覚えている。
何より相手が喜んでくれたのが、あの時嬉しかった。


今回とその出来事は違う。
オレのネーミングセンスから考えて、
採用されるのは万に一に等しいといってもいい。

それでも、またそれに近い気分を感じてみたかった。
うんうんと頭を悩ましてみたかったんだ。




ちなみに、これが直前の"…… …… …… ……"の内容にあたるので注意してくれ。



90分経過。
"ライム"でググってから、更に関連した用語でWeb検索を繰り返した。

「ライムオイルの成分なんて、日常生活に全く関係なくね!?」とか一人ツッコミしながら。


さすがに単語をそのまま使うのはどうかと思ったので、語尾を変化してまとめてみたり。
それにしても、違和感が隠せないのはやはりオレのセンスの問題なんだろうか?


あぁ、こんな人がいるとは思えないけど
「結局どんな名前にしたんだよ?」とか聞かないでほしい。
書くだけ無駄だし、採用はまずないってわかってるからさ。

その辺、察してくれるとありがたい。



もともと考え始めたのが遅かったせいで、
募集フォームで送信し終えたころには四時を回っていた。
別に日常茶飯事なのだが、ある程度は寝ないと、部活の練習についていけない。

大して眠くもなかったが、そんな理由でオレはベッドにもぐりこむ事にした。




4/4(火)

【Who thinks that I am a junk ?】


昼近くまで寝て、午後からスカッシュの練習。


今日はいつも以上にひどかった。
プレーの全てが雑、しかもオレ自身その事に気づいてない。

ただ、なんとなくラケットを振り回してるだけだった。


すり減った靴の中底はダッシュの際に足首の痛みを助長させ。
未だ慣れない新しいラケットは、右手首を痛ませていて。

何より、そればかりを言い訳にして自分の現状を誤魔化そうとするオレ。


…… …… …… ……
…… …… …… ……


やめよう。
これ以上この思考を続けてると、底の底のどん底まで落ちてしまいそうだ。
本当に、堕ちるわけにはいかない。


ああ、なんだ。
明日も練習頑張ろう、今はそれだけでいい。そう思いたい。




【音ゲー友の会】

練習が終わってか何をしたかといえば。

松屋で腹を満たし、マクドナルドで微妙な味のコーヒーを飲み干した。
バイトまでの時間つぶし。たった一コマの授業のために行くというのは、かなりかったるい。

拘束時間を含め、時給換算すると"900円で二時間"という感じになってしまう。


「なんだよそれ、金稼ぎたかったら他のバイトすればいいじゃん!w」
そう脳内のオレが問いかけてくる。

稼げないことは事実なので、そうするのがより良い選択だと思う。
思わず突然うなずいてしまいそうになる。

だけど、今のバイトを辞めるという事は避けたい。
実際面白いわけだし。これだけは譲れない願い(何


すると、金を稼ぎたいオレはバイトの掛け持ちをすればいいのか?
この時点でだるいと思ったら負けか?

「自分のPCが欲しいんだ!そのために15万が必要なんだ……!!」
なら自分で何とかしろよ、考えが甘いんだよ。


…… …… …… ……
…… …… …… ……


すいません、別に精神分裂とかは起こしてませんよ(;^_^)
ただ、今から貯金していくと目標額に到達するのが"来年の今"とかになりかねない。

その頃は就活なり、勉強なりに絶望してる毎日を送ってるはずだから、ぶっちゃけ暇がない。

この考えも甘いと思うんだが――
「遊べるのは今しかないだろ!?」「だよねっ?だよねっ!?」(茜かよ


だから、精神分裂なんて(ry

ごめんなさい、愚痴でした。コツコツ苦手だけど、コツコツ貯めていく事にします。頑張るよ(何



さて、本題。今までは前置きだよ、一応。


バイトが終わって、一部の仲間と談笑してたんだけど。
なぜか話題が"財布に入っているカード"という事になった。

んで、ポップンやビーマニのカードを持ってる人が何人かいたので、
そのまま音ゲー話に移行したわけよw

オレも下手の横好きで大学入る前はしょっちゅうプレイしてたんだけど、
最近はご無沙汰してたからな。

話していて懐かしい気持ちになった。
また、ゲーセンに通いつめるというのも面白いかもな。


金を貯める話はどうなったかって?いいじゃん、どうせそんなに使わねぇよ。


……食費でも削って何とかするさ(無理




4/5(水)

すいません、ここからは簡略化(するところは)してお送りいたしますm(_ _)m


【踏んだり蹴ったり】

午前10時35分47秒。

部活の練習に向かうと誰もいない。

新歓初日だし、二年生がいないのはわかる。
女子は人数が集まらずに練習そのものがないらしい、ふーん。

ただ、なんで三男がいないんだ?
意味わかんねぇぞ、おい。

一人でコートに入って5分程度ジョグ。
ボールを持ってなかったので、また5分ほど素振りをしてみた。


…… …… …… ……
…… …… …… ……


空しい。
一体オレは何のためにここにいるんだ?

帰ろう。
コート前を去る足取りは妙に重たかった。




【少なくともやるべき事は】

"練習"とは言い難い時間を過ごし、学校へ向かった。


新歓活動初日だというのに、あいにくの雨模様。
これじゃ新入生も、勧誘側もいろいろ大変だと思う。

時間帯を外していったので、「一年生に間違われ……」なんて事はなかった。
別に期待していたわけではないが、少々残念な気もする。


さて、本来の目的を忘れるところだった。

"健康診断"を受けること。毎年恒例の行事だ。

他にも裏切り者(違)のN井と顔を合わせたり、
部室で頑張ってる二年生の様子を見たり(手伝いはしない)。
やる事はあったんだが、それには触れないことにする。



午後の部は一時からという健康診断。

しかし、こんな行事が時間きっかりの制限をつけてるなんて有り得ない。
第一、去年も早めに来たら始まってたしな。


その予想通り、20分前に会場入り(?)すると先客――いや、既に終わってる人たちもいた。
実際に回ってみると、20分もかからなかった。
こんなに早く終わるのなら、後の時間が有効に使えるってもんだ。


部室に置いていた荷物を取りに戻ると、午後から練習に参加する三男らに出くわした。
用具も持っているし、午前中は練習できなかったオレが、である。

ここは無理言ってでも同行させてもらうしかない。大体、お前ら二人で何ができる?
先週の体験上、個々のレベルが相当高くないと、確実にだれるのは目に見えてるんだ!


そんなわけで、流れるように午後練に参加する事になった。(どんなわけだ)
一瞬奴らが苦笑いしたのはデフォルトだ。どーせ、そんなもんだし気にしてないし。



練習はかなーりgdgdだった(特に終盤)
何せ回転率が良すぎるので、すぐに疲労がたまる画期的なシステムだからな。

3/4は主将シンの独壇場だったし、前1/2なんて足腰に妙なダメージを受けたり、散々だった。


練習の感想はこれくらいにしとこうか。そろそろ今回の日記も終わらせたくなってきたから。



家に帰ってからは「いぬかみっ!」「ひぐらしのなく頃に」の録画予約をした以外はいつもと同じ。
PCの前でうつらうつらしていたら、朝四時過ぎになっていたので、
仕方なく自分の寝床に向かったさ。




4/6(木)

【とりあえず喪失しとけ】


木曜の午後。

母が仕事で家を留守にする――昼間から自由が手に入る、夢のような時間だ(それ言い杉


……ええ、小さい男ですとも!
"親のいぬ間にエロゲ"が最近の座右の銘。

別にそれで良くね!?
"二次元でいいじゃないか"運動を広めそうな勢いだ(ヤメレ



まあ、それはさておき。

実際、今日は午後二時からバイトが入っていて。
昼過ぎに家を出て、帰ったのは夜の11時過ぎ。


…… …… …… ……
…… …… …… ……


ほへ?


終わっちまったよ、今日という一日が。
なーんか、腑に落ちない。何なんだ、このやっちまった感は?

少なくとも「ストロベリー・パニック」を録画し忘れた事が原因ではないと思いたい。
G's が原作連載してるやつだっけ?百合アニメ。

一応、土曜のさいたまテレビでチェックしておくか。
最も、白黒+ノイズという悪環境だが。お試し版みたいだな。




【I'll be a poetaster, again】

いきなり言わせてもらうと、オレは"気まぐれ"だ。

明日やろうと思っていた事でさえ、気分の良し悪しで取り止めにして。
別の何かを始めようとしても、中途半端で終わってしまうことが多い。


よく考えたら、それは気まぐれとは言えないのかも知れない。
……ただの"意志薄弱男"の方が正しいような気もする。



本筋に入ろう。テーマは「オレと詩」。


詩を書くようになったのは、去年(2005年)に入った頃から。
元々そういうのは嫌いじゃなかったし、ふと感じたことをケータイにメモする癖もあった。

でも、本格的に書くようになったのはその年の6月過ぎ。
現・四男に話のネタにされ、それに感化された。もっと「あっ」と言わせてやろうと思ったからだ。


やる気になっていた所に、現・二女の一部がオレの詩に興味を持ってくれた。
だから「ポエマガ」(Poetic Mail Magazine)と称し、
度々メールで送りつけて感想を聞いたりするようになった。

今考えれば、内容うんぬんというより、特異なオレの趣味を面白がっていただけかもしれない。
そもそも、オレの行動自体も痛いが。



オレは詩を書くペースを上げた。ありきたりな感想でも返ってくる事が嬉しかった。
自分の行動が厚かましいとも思ったが、それでも止めようとは思わなかった。

詩がそんなに書きたかったのかといえば、そうじゃない。
それは表面上の理由であって、本当は――

"女の子とメールをする理由が欲しかっただけ"


下らないと思うだろう?実際、オレもそう思う。



三日に一回、新作を作ってきたペースはどんどん落ちていった。
限界だった。なんで詩を書かないと、理由がないとオレは話ができないんだ?

そう思うたびに、やる気は削げていくばかりだった。


詩を書くことが、かっこよさのステータスになるのだと思っていた。
でも、それはただ勘違い野郎だ。自分で自分の作品に酔いしれるだけなのに。

「詩」という言葉を出すだけで、気が引けてしまう人は少なくない。
苦笑いして、電波なやつだと思われることだってある。

もちろん、今回のそれは少し違うと思いたい。



面倒になった。無理やり書こうとして、中途半端なものを作った。
"スランプ"なんかじゃない、やる気が失せてしまったんだ。

オレは詩を書く事を止めた。ちょうど11月に入った頃だった。
「ポエマガ」は第19回分が最後となった。誰もその事を気にしてはいないようだった。

そんなもんだよな、一人芝居。笑わせてくれるぜ。



それから三ヶ月たって、今年(2006年)の2月。

形にできない作品があったのは事実だが、それに不満を持っていたわけではない。
だが、それとは別に大きな不安を抱えていた。


留年の危機。

(あ、経済学部の"黙ってても四年生まで上がれる"みたいな奴は無視な)

どうしても拭い去ることができなかった負の感情。
このまま、部活の春合宿に参加したらどうなるだろうか?

……それだけは避けたかった。いつもより金をかけて、無駄骨なんてもったいない。

だから、その感情を言葉にして吐き出した。
多少、気持ちが楽になった気がした。



まあ、過去語りはこの辺で終わらせようか。

さらに二ヶ月たって今。詩に対しての考えも、元に戻ってきた。
誰かのために書くよりも前に、自分が感じた、書きたいことを書く。

当たり前の事を、当たり前だと思えるようになった。これでいいんだよな。


今日のバイトの空き時間、そして夜中の自由時間。
新しい詩のために費やした。完成はまだ未定だ。

焦る必要はない。自分のペースで書いていくつもりだ。


……それにかかりっきりで、日記が遅れたんだ。ホントだぞ。




4/7(金)

【7,April,2006】


起きたの二時過ぎ。でも、空腹感はまるでない。


弟が持っている漫画を読みあさる事にした。
NARUTOの最新刊とか、ムヒョとロージー(ryの一巻とか、
コンビニで売ってそうなMAJORの総集編を六冊ほど。

あとは詩の続きを書いたり。完成は……まあ、四月中を目処に考えてる。



夕方、バイトへ向かった。
時間ぎりぎりだったのだが、途中寄り道して
"Face of Fact-RESOLUTION ver.- "のCDを買った。

最近、某BMSデータに使われてた
"Face of Fact"の曲(低音質MP3)を聴いてたから興味があったんで。

でも、原曲は一体どこで聴けるんだろ?やっぱり原作のエロゲっすか?



夜、PC弄り。別にケース開けて、マザーボードを(ry という話じゃない。
日課となっているネットサーフィンの事をオレはそう言っている。

日記の続きを書いたんだが、未だ完成せず。(ちなみにこれは土曜の夕方書いてるw)


少々飽きてきたので、以前落としといた"Angel Breath"の体験版をやってみた。
面白そうだとは思うんだが――


短っ!


"こんにゃく"の体験版がいかにサービスしてたかがわかるな。
20分足らずでは終わらなかったぞ、アレは。



朝六時。

弟の朝練があるので、父と弟が起きてきた。
眠くはないが、寝ないと問題ありそうだ。

そんな感じだった。これが習慣、第二の天性(違


……やっと終わったか、今回の日記がorz

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。