スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

決戦:月末の月曜日

※ 1/30(月)の朝、当日に迫ったテストについての決意を、文にして固めなおしたモノ。


RPGで"決戦"というと総攻撃で相手を倒しにかかるというイメージがあるが、
現実のそれとは必ずしも一致しないらしい。

例えば、重要なテストが相手である時は垂直な壁を登って行く心境に近いものがある。

それまでに蓄えた知識と実践力を用いて、静かに一歩ずつ目標となる高さへと近付いて行く。
本番はたった一人の力で。

テストが間近にならないと勉強できない自分は、"バカ"そのものなんだと毎度のように苦い思いをしている。
付け焼き刃、まるで逆立ちでもするかのように勉強をし始めても"バカ"が"カバ"になるだけで、やはり遅過ぎることに気づかされるという笑えない話だ。

まあいいか。
テストは実質残り二つのみ。

逃げれば0点、あがけばそれ以上。
どんなに恐くても、可能性がある方にかけるのがセオリーだ。

二ヵ月後の四月を、どんな思いで迎える事になるのだろうか。

今は知ることもなく、知る必要もない未来。
そして、それを決めるのは今日のテスト。

奇跡という極々小さな確率と残された時間に全てをかけて。
最高威力の"じたばた"を発動してやるぜ!!

……あぁ。"今"勉強しろよ、オレ。
(こればっかしorz)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。