スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

旅日記 ~年越し新潟編②~


【朝から準備で】

12月31日が始まって九時間後。
オレはベッドから身を起こした。

休みの日に早起きなぞしたくはないのだが、用があるなら話は別だ。

……まさか、準備なしで旅に行けるほど身軽ではない。


約一時間で支度を終え、出発の準備が整う。

そして、母方のばあちゃんの家に泊まる母を車で送りに行く。
これはいつもの事だ。
母は正月は実家に帰ることが多い。
我が家からも"車15分でアクセス!!"と手近なためだ。

その後、父は車を自宅の駐車場に戻しに行った。


今回は電車の旅。
"新幹線自由席、立ちっぱでGo!"なのだ。

さて、父と駅で落ち合う事を約束したオレは、"おばあちゃん(祖母)"とちょうど遊びに来ていた"おばちゃん(母の実妹)"からこづかいを貰い、懐を暖めていた。

二十歳過ぎてまで小遣いをくれるというのは甘い気がするが、オレにとっては好都合なので良しとしよう。


時間を見計らい、駅に向かって歩を進め始めた。

荷物が重い。
意外に寒い。

大丈夫だろうか。
新潟は雪がたくさん積もってるというのに。

より一層強い寒さに、オレは耐えられるのだろうか。

ああ、心配だ。
ポケットに入ったカイロを握りしめても、妙な汗が出るだけで何もわからなかった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。