スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Fly,fly higher than yesterday…

※ 10/7(金)・8(土)の日記。内容雑すぎ。


10/7(金)

【Like a rutine work】


今週もまたそうだった。


"なにが?"と思うかも知れないが、別に特定する必要はない。


午前。
2限の授業に遅刻し、昼飯はカップラーメン。

午後。
数学の授業は音夢すぎるし、教授の説明も鬱陶しい。

夜。
バイト。"関係代名詞・一次関数・三角関数"を教える。
定期テスト直前はしっかり対策せねば。

深夜。
オンライン。

メインは飛魚狩り。
レベル上げが中々大変だ。


レベル16。



【二つのでっぱり】

今日特に変わった事といえば、二つくらいだろう。


バイト先から家までの帰り道。
電車の方向が一緒のバイトの女の子と、世間話をした。

特に盛り上がったわけでもなかったが、なんだか楽しかった。


そもそもオレは――

"面と向かって女の子と話す事がほとんどない"

という生活を送っている人間だから。

ああ、自分で言ってておじさん悲しいぞ~。


家に帰って食事中、"僕らの音楽"という番組を見た。

"槇原敬之"と"HOME MADE 家族"の対談という内容。

"HOME MADE 家族"は数曲しか知らなかったけど、ちょっと興味を持っていたので楽しく見れた。

今度、アルバムでも借りてみよっか。



10/8(土)

【カルシウム不足の宇宙人】


冗談と言えども、人にバカにされるのは好きじゃない。
言われるくらいなら、自分で言ったほうがましだ。


"(オレの名前)、またすねてるよ~"
今日そう言われた。


ただ悔しかったから――受け流し方が思い付かなかったから、自虐的な言葉でまくし立てた。

そんな卑屈な自分なんて、オレ自身好きじゃない。


話が面白くないとか、恋人がいないとか、いろんな事への自信が積み重なってできたコンプレックスの塊。

"自分"で"自分"をねじ曲げて、一体何になる?

生真面目なオレよ、もう少し空気を抜いて、ついでに読めるようになろうよ。


人と話をしてる時。
見当違いに解釈し、話の腰を折る事がある。
そして、それを指摘されるとイヤな気分になる。


"(オレの名前)、宇宙人だからなぁ"


オレは意外に短気だ。
その言葉に過剰に反応し……

"歯の間から空気を出し、怒りの形相で相手をにらみ、右手の親指を地面に向けた"


オレは小学生以下か?

情けない。
くだらなすぎて、ため息が出る。


変わり者だとか、人よりズレてるとか、自分でそんな風に思いたくない。
言われるのはなおさらだ。


ゲームの中でのレベル上げも大事だが、リアルでの"状況対応力"も身につけないと。

そう心のなかで、何度もつぶやいた。



【メインイベントを楽しめない、哀れなヤツ】

部活のOB会。

正直、楽しみだとも思っていなかった。
正装の黒い革靴を忘れて怒られるし、会費7000円と無駄に高いし。

まあ、単なる伝統行事だよな。


そんな一次会の終わり頃。
なぜか女性達に質問を受けていた。

"なぜか"というのは違うか。

特に話をする気力がなかったので、"眠い"を連呼してたんだから、当然のことだ。

でもさ……

"オンラインゲームで、深夜まで過ごすのが日課"だなんて言えるわけがない。

そうしたら、四時まで起きていた理由を伏せたのだが、余計に突っ込まれる。


適当に流す。

∴ オレは朝四時まで考えごとをして起きている日本人

会話から得られる情報はこんなモノだろう。

一体なんなんだ、ただの変人な希ガス。


二次会。

周囲の一年生のハイテンションぶりについていけない。

寝るモードへ移行。
テーブルの上の腕に、小さくうつぶし舟をこぐ。

30分後。
OBが来たので起きる。

寝起きなだけであって、露骨に嫌な顔をしたわけじゃない。

昔の話を聞きながら、雑炊をすする。

なるほど。
今の部活のまったり飲みなんて、お遊びみたいなもんなんだ。

OB去る。


一人席を外し、会場を眺めた。

あちこちで行われてるくだらない会話。
やたらはしゃいで高ぶってるテンション。

"つまらねぇ。"
誰にも聞こえないつぶやき。

ヒトゴミが嫌いなオレに、人込みに交じれというのも無理な話だ。
それは"避ける"ものだと思ってしまう。


でも、結局は一つに収束するんだろう。

オレが積極的に行動を起こさないから、楽しくならない。

"嫌い⇔つまらない"という命題は、きっと真だ。


浮き世離れにも限度がある。

冷静になって得られるモノより大切な事が、たくさん転がっているから。
それを糧に、階段を登っていかないと。

――そう思った。
そして、大事なのはそれを現実にするコト。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。