スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

四月の晦日も過ぎまして

※ 4/27(木)~30(日)の日記。四日遅れ。それでも更新はする。


4/27(木)

【バイトの面接 -いわゆる一つの真剣勝負-】


朝起きて大学に行く身支度を整えても、すぐに出かけようとは思わなかった。


理由ならちゃんとある。
"履歴書を書くため"だ。


実は今日、新しいバイトの面接がある。
それに持っていくための履歴書に、未だペンを入れていなかった。
せっかく昨日撮った証明写真を貼り付けても、肝心の部分が空白では意味がないからな。

ま、二年ぶりに書いた履歴書だ。
慣れてないせいか、やたらと時間を割かれ、そのせいで遅刻してしまった。


……不採用? いや、バイトは遅刻しないってば。



一応2限の授業には出て、もっさんにノートを写させてもらった。
その間も落ち着く事はなく、もっさんに「特技の欄って何書けばいいんかなぁ?」
など、どうでもいい質問をぶつけてしまったり。

いや、すまんなホントにm(_ _)m



結局、履歴書もノートも書き終える事なく面接会場に向かう事に。

後者はともかく、前者はマズいだろ。
さすがのオレでも、門前払いされて引き返すというのは思う所じゃあない。


せめて面接してから"不採用"なら、喜んでその結果を受け入れる――わけないだろ!?
(これは就職活動じゃない、ただのアルバイト応募だ)



まあ、そんな展開はイヤだったので電車の座席に座り、続きを書くことにした。


…… …… …… ……
…… …… …… ……


「そういえば、擬態語で"カキカキ"というのがあるけど、アレあまり好きじゃないん(ry」
「ど、どうでもいいだろ!」(ツッコミがどもるな!)



…… …… …… ……
…… …… …… ……


(――と、この調子で書くと終わりそうにない)
(ココから先は簡略化するので)



何も考えずに面接を受けた。
質問に対する答えも、全部適当だ。

……まあ、微妙だな。落とされても文句は言えないと思う。


でも、付け焼き刃という事を抜いても、自分の考えてる事を少しは言えるようになった。

今までの面接なんて、ただ頷いてただけだし(それはダメだろw)



まあ、こんな事を今さら(5/2現在)書いたところで……

不採用だった結果は変えられないけどな!




【P.S.】

>レゴ

深夜のバイトと言っても、単なる"夜勤"だからさ。
決して"夜のお仕事"ではないッス!w

正解は、マンガ喫茶のバイト。


ちなみにこの失敗談を母に話してみたところ――

「え? もっとマシな仕事選ぶかと思ってたのに、よりにもよってマンガ喫茶!?
(中略)そんなやつより、まだコンビニの方が勉強になるよ?
まあ、落とされてラッキーくらいに思ってさっさと別のバイト探すんだね!」



――だそうです、ごもっともな事で。


やはり、オレは母の正論に勝てない。
いや、勝つとかじゃなくて素直に聞けばいいだけの話か。

ただ今回も。
これを言われた時はすぐには納得できず、口論を一時間は続けたけどさ(反抗期かよ!)


…… …… …… ……
…… …… …… ……


――新しいバイトはコンビニの夜勤にしよう、それがいい。




4/28(金)

【憎しみだけで傷を負わせられたら】


まあ、のっけからツッコミを入れておくと冗談だw


……でも、自分が受けた仕打ち以上の痛みを、相手に味合わせたいと思ったのも事実。
たとえ不可抗力だったとしても、オレ自身がそう感じた事に変わりはないのだから。



時間でいえば昼過ぎの事だった。
主将シンから連絡メールが送られてきたのは。

"今度の幹部ミーティングを行うから、12時30分に集合してくれ"
そんなありがちな内容だった。


だが、実際に待ち合わせの場所に行くと誰もいない。
おかしい、もしかして日が違うんじゃないか?
でも、あの文面からそれを察するというのはどうも都合が良すぎる。



不思議に思い、連絡を取ろうとするがすぐに返事は返ってこなかった。
クソ真面目なオレは、その間ずっと待ち続けた。

もっさんとレゴが学食近くで落ち合って外に向かう時も、
一向に返ってきやしない返事を待ち続けた。
オレは愚かだろうか、その場からそそくさと逃げるように立ち去ればよかったのだろうか?

そうは思えない。



3限が始まり行き交う人の量がまばらになった頃。
苛立ちと憎しみで人を呪いたくなっていたオレに、メールが届いた。

"ゴメン、月曜日の話"
そんな大して悪びれた様子もなさそうな感じだった。



オレに非はない。
だが、なぜ被害をこうむったのがただ一人なんだろうか。

他の人たちはなぜ来ようとしなかった?
なんなんだ、この一人ハブリの状況は。


もしかしたら、全てが仕組まれた罠なのか。
バカ正直なオレを、影で笑っているだけなのか。

……そんなはずはない。いや、信じたくない。
全て被害妄想だなんだ、そうに決まってるさ!



握り拳に爪を強く食い込ませた。

「死んでしまいたい」
「……いや、殺してしまいたい」

どちらも冗談のはずなのに、それを肯定するのは難しかった。



…… …… …… ……
…… …… …… ……


かなり腹が減っていた、傷心気分だとなおさらだ。

"せめて贅沢な食事を取ってやる……!!"と思いつつ、
結局大戸屋で落ち着いた。

どんなに意気込んでも、所詮は小市民に変わりはないしな。


一人で噛み締めたソースカツ丼とせいろうどんは、
いつもより数倍美味しく感じられた。




4/29(土)

【まだ"みどりの日"なんですの!】


(はいはいとるてとるて)


"みどりの日"が"昭和の日"になるのが今年だと思ったひとー!?

……オレだけじゃ、ないですよね? ね?
な!? 違うよな、違うって言ってくれよぉ……!!(黙レ



まあ、別に何をしたわけでもない日だった。
"授業がない"という解放感が、かえってオレに"自堕落"を与えてしまったようで。


……起きたのは夕方四時。

それから何をやったかは忘れた。
これを書いてるのが、四日後の五月三日だからだろうか。


……寝たのは朝方四時ごろだ、きっとな!(ぇ




4/30(日)

【太陽のぐうたら曜日 ~Lazy sun-day~】


昼過ぎに起きる。

PCの電源を入れ、ネットサーフィン。
その途中、興味を持ったMMORPGがあったので早速やってみた。

あ、"飛天online"な。
ポップな感じの台湾由来のゲームで、どことなくECOを思わせる。


ただ……重いよ!!


マシンスペックが足りないのか、サーバが混んでるのかは知らない。
ともかく処理落ちしまくりで、滑らかに動いてるとは思えないorz




夕方はD.C.Ⅱの体験版から、BGMを録音してMP3にエンコしてた。

直接取り出した方が効率いいと思ったが、残念ながらオレはその方法を知らなかったからさ。
三時間近くかけて、使われていた全ての曲を"菜月"で聞けるようになったぜ!!


まあ、この感想はそのうちアップする
"D.C. II~ダ・カーポII~ 先行体験版"の感想記事に書く事にするかな。


そんな感じの一日だったさ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。